時間がトクする服選び。

最終更新: 2019年9月16日

こんにちは、ハウルストリートです。



本日から世間では連休が終わり通常の毎日が始まるかと思います。


連休中と違い毎朝決まった時間に起きるのも大変なことです。



朝は意思決定をするのに大事な時間だとよく言われています。



かのスティーブジョブズは朝の意思決定を減らすために

服は同じものを何着も持っていた。というのは有名な話しですし、


アメリカ前大統領のオバマ氏も専用コーディネーターがいたということです。



ただ、同じ服しか着ないルールやコーディネーターをつけるのは現実的ではありません。

そこの意思決定に時間を割かれてしまう方は多いかと思います。


特に日本のように四季があり、天気によって服装を変える必要がある環境だとなおさらです。

朝の大事な時間に服を決めることで頭を消耗してしまうのは非常に勿体無いことです。



私は服を選ぶことが嫌いなわけではないですが、

仕事の日などはそこに時間を欠けたくないのが本音です。



しかし、私は1週間で同じコーディネイトをすることはないですし、

学生時代は1年間かぶせなかったこともあります。


↑何の自慢にもなりませんが、

1年間違うコーディネイトをした理由は別の記事であげようと思います。



本題に戻り、朝の意思決定を減らす大きなポイントの服選びを、

いかに簡潔化させるか私が実践しているいくつかの方法をご紹介します



明日のことを整理しながら、服も決める。

まず1つ目のアイデアとして「前日に決める」という方法が挙げられます。

これはよく聞く話しだと思います。



だいたいの天気が前日に分かるので前日の夜に”ある程度”、

というよりかは”ドンピシャ”で服を決めておきます。



ここで考えるポイントとして天気以外にスケジュールがあります。


どこに行くのか、誰と会うのか、何時に会うのか。

意識せずともこれらのことを考えながら、服を決めているかと思います。



私の場合、特に初対面の方と会う際は念入りに考えます。


なぜなら、その第一印象がしばらくその人にとっての私の印象となるからです。

(頭が悪いなりに、できる努力はしないとということです。。)



このように服を決めるだけでも、

考える要素がたくさんあるのに朝にその時間を取られるのは合理的ではありません。



貴重な朝の意思決定を有効活用するためにも前日に準備することをおすすめします。




時短解決に不可欠なウィークリーアイテムとは


これはスーツ出勤をされていない方向けの方法ですが、

いわゆるスーツ化するということです。(??)



スーツでの仕事の場合、

スーツがあってワイシャツがあって革靴。

というように各アイテムに悩む時間が少ないです。



しかし、オフィスカジュアルのお仕事の場合は、

そう簡単ではないかと思います。



そこで私が実践しているのが1つキーとなるアイテムを決めて、

1週間のうちにそのアイテムを着回すという方法です。



これは海外のインスタグラマーの投稿をヒントにした方法ですが、服を選ぶ効率がグンとあがります。


具体的な例をあげると私の場合、冬のインナーにタートルネックセーターをスーツ化しました。



そして、セーターを5色揃えてそれを1週間に着まわしします。


5色もあれば充分に着回しでき、いつも同じ服を着てるとも思われません。


さらにオケージョンによって色を使い分けることもできます。



私がタートルネックセーターを選んだ理由としては、


・カジュアル、ビジネス、ドレスどのオケージョンが対応できる

・シャツのようにアイロンいらず

・カラーバリエーションが豊富

・顔とのバランス(笑)


などなど。



これを実践したことで鏡を見ながらの着ては脱いで着てを繰り返すこともなくなり、時間短縮に繋がりました。



これはセンス問わず誰でも実践できる方法だと思いますので、ぜひ試してみてください!



ちなみに昨年の春夏はポロシャツでしたが、

今年はリネンシャツでいこうと思います👔



HOWL STREET

IIXUKA


とある撮影にて

トップス:無印良品タートルネックセーター

ライナー:GASデニムジャケット

アウター:Banana Republicキルティングジャケット

HOWL STREET​は、メーカーに特化したブランディングや商品デザインを企画しています。皮革製品のメーカーを皮切りに、最高品質の商品をより多くのお客様にお届けできるよう当サイトでも情報提供をさせていただきます。

Follow Me:

  • White Instagram Icon
  • White YouTube Icon